スポンサーリンク

BLACKLAGOON(ブラック・ラグーン) 感想 (アニメ) - アニメ
fc2ブログ

BLACKLAGOON(ブラック・ラグーン) 感想 (アニメ)



今日のアニメは「BLACKLAGOON(ブラック・ラグーン)」



ブラックラグーン

2006年に放送されたアニメです。原作は広江礼威さんによる漫画。

運び屋の視点から、世界の裏社会を描いております。

悪事や殺しは当たり前! 信用出来るのはお金だけ! アウトロー万歳!

本作には銃撃アクションも盛りだくさん。非常にシビレル作品となっております。







あらすじ

旭重工資材部東南アジア課に勤務している岡島緑郎。

一流企業に勤める彼は、ひょんなことから運び屋「ラグーン商会」に拉致されてしまう。

目的は緑郎が働く旭重工から身代金くすめる事。

きっと会社が助けてくれる、そう思っていた緑郎だったが、その願いは虚しい結果に。会社や上司は、緑郎をいとも簡単に切り捨てたのだ。

今までの人生や自分の価値、それら全てが無意味だったと悟った緑郎は、自ら「ラグーン商会」の一員として「ロック」と名乗り、裏世界で生きていくことを決心する。



全24話。

一話完結ではなく、原作のエピソードを何話かにわけてつくられています。

ブラックラグーン

「ラグーン商会」に拉致され、会社から見放されてしまった悲しき男緑郎、またの名をロック!

表の世界に見切りをつけ裏の世界に生きる謎のスーツマン!

もちろん今まで銃などは触ったことがないため、ドンパチは無理な話だが、持ち前の機転と頭脳で、そして自分なりの正義を貫く謎のスーツマン!

優しいゆえ、悲しむ事も多いが、今日も頑張れ謎のスーツマン!

ブラックラグーン (2)

そのスーツマンを殺し屋の目で見つめているのがレヴィ、いやレヴィさん。

「二挺拳銃(トゥーハンド)」の異名を持つ死神。

喧嘩っ早く、常にドンパチやっております。そしていつもロックの眉は八の字になるのです。騒動の原因はほぼこの人。でも強いから仕方ない。

強き者は、より強き者を求めるのだ。

ブラックラグーン (3)

ロックの隣にいるのがダッチ。

ラグーン商会のボス! ボスっぽい!

レヴィさんをなだめつつも、いざという時は冷静に対処するボス!

みんなタバコ大好き~!

ブラックラグーン (4)

お疲れ感が漂う方、ベニー。

ラグーン商会の機械操作や情報担当。凄腕のハッカー!

武闘派ではないので、後ろで補佐をしたり、車の運転をしたりすることが多いハッカー!



以上が、少数精鋭、運び屋兼海賊の「ラグーン商会」であります。

ブラックラグーン (5)

もうずっとドンパチやってるし、それがカッコいいし、カーチェイスとか出来て当たり前だし、いつも酒場襲われてるしで、爽快ガンアクションアニメかと思いきや!

結構シビアな内容もあったりで、油断していると思わぬダメージが。

数あるエピソードの中でも双子の回が傑作ですね!

ブラックラグーン (6)

まさか泣かされるとは思いもしませんでした。

いつ死んでもいいような生き方はごめんだけど、このアニメを見るとすこしうらやましく思ったり。

ちなみに女性陣がすこぶる強いアニメになっております。

あとタバコをとても美味しそうに吸うから、禁煙者は要注意!!



スポンサーサイト



スポンサーリンク

アニメアニメレビューブラックラグーンブラック・ラグーンBLACKLAGOONガンアクション

Comments 0

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 徒然なるアラサー All Rights Reserved.