Post

        

ふるえ、ゆらゆらと 上弦の章 感想

category - ◆女性向けゲーム
2017/ 06/ 17
                 


 ふるえ、ゆらゆらと 上弦の章



ふるえ、ゆらゆらと (5)

ワイ……楽しみにしとったとです。

いい世界観来たと……思っとったとです。

この悲しみをアナタに。


このゲームのオススメポイントは

・立ち絵やスチルが綺麗!
・声も良し
・キャラも良し
・設定も良し


過去にタイムスリップする類のものです。

多分、幾度となく過去にタイムスリップしてきたプレイヤーは多いでしょう。なので、ゲームの主人公ちゃんよりもプレイヤー側の方が高い順応力を持っている事でしょう。
なので、いつまでウジウジしてるんだい、早く全てを受け入れて恋に邁進せんかい! と活を入れてしまいます。

キャラも絵も綺麗で素晴らしい。特に安倍晴明のキャラがいい味出してますね。見た目は若いのに、実は100歳越えているとかいう、レイアースでいう導師クレフみたいな奴です。クレフが通じる事を願います。

クレフ

下記から、若干のネタバレ、感想入ります。

大丈夫な方はご覧ください。









もう一度言います。

ワイ……楽しみにしとったとです。

いい世界観来たと……思っとったとです。

この悲しみをアナタに。

ちなみに、18禁PCゲームになりますのでご注意ください。

なぜ悲しいのか……その理由はいくつかございます。

まず、主人公の性格。

人に触れられると痛みが走るという稀有な性質のためか、人と距離をとり、他人からも疎まれております。

言いたい事も言えない反町隆史。ネガティブ思考万歳。

上記の設定なので、多少なりとも暗黒面に落ちたダースベイダー化するのは理解出来るのですが、あまりにもネガティブがとまらないので流石にイライラ。

お前が! そこで! ちゃんと物事を伝えていれば! 済む話だろ! と思う事もしばしば。

そうかと思えば、変なところで行動的になり、それがいい方向に転べば認めますが、そう上手くいく訳もなく。そんな主人公ちゃん。


攻略キャラクターは3人。

一人目は源頼光(みなもとらいこう)。

ふるえ、ゆらゆらと

イイ人。

武闘派サイコパス。


二人目は藤原保昌(ふじわらやすまさ)。

ふるえ、ゆらゆらと (2)

家族第一主義。

糸で花をへし折るサイコパス。


三人目は、空也(くうや)。

ふるえ、ゆらゆらと (3)

生きながら死んでる人。

サイコパス仮面職人。


サイコパスばっかりだね!! そう、このゲームは愛する人達が皆狂っていくのです。そんな事はどうでもいいんだよ。問題なのは、薄っぺらい事。

上の二人は御所で働いているらしいのですが、何をしているのかよくわからない。よくわからないよ!


悲しい理由はまだ続きます。

シナリオの粗さ!

設定はイイと思うんですよ。「かぐや姫」をテーマにしていて、いつかは帰らなければいけない的なね。

しかしシナリオの粗さが全てを台無しにしているのです。悲しい。

「急展開」というものは急に起こるからそう言うんでしょうが、今作は急展開をも超越する急展開すぎてついていけない事も。

なんかよくわかんないけど、あの人が瀕死なんですけどおー!

あれ? 逆におもしろいじゃんと思えるほど。

そして都があまりにも世紀末すぎる。世が乱れているレベルではない。

道端に人骨がゴロゴロでしているとか地獄かな? 荒れすぎでしょ。笑う。


そんな中で、安倍晴明が主人公ちゃんの保護者的ポジションで守ってくれるのですが、急に親ライオンが子ライオンを深い谷に落とす如く、無茶な振りをしてくるのです。

もう誰も信じない。


シナリオも粗いですが、テキストも絶賛粗いさんです。

ただ単に、私の読解力がないだけかもしれませんが、パッと呼んで理解できない事もよくあり、ログで前後の会話を確認することもしばしば。

例えば……



何か引きずる音が聞こえる
       ⇓
知っている人が現れる
(あ、ケガして足を引きずっているのかな)
       ⇓
知っている人が、血みどろの愛する人を引きずっている
(お前が引きずられてんのかい! 何でいきなり瀕死になってんねん!)




「私はゆっくり目を開けた」

あれ? 「私」っていつの間に目を閉じていた?
       ⇓
ログ確認
       ⇓
目、閉じてないやんけ!!




そんな感じのがわりとあります。

こういうADVゲームって、テキストがずーーーっと続く訳じゃないですか。なので、そこまで一字一句を丁寧に読んでいくことってないと思うんです(私は)。

なのでパッと読み進めても違和感ない文章って大事なんじゃないかな~と思う訳ですがね。

まあ全ては想像力で補いましょう。人間の武器は想像力ですから。


ふるえ、ゆらゆらと」は、上弦の章・下弦の章にわかれます。

下弦は今回攻略対象じゃなかった三人がメインになるのですが、ここまで上弦が期待外れだと……下弦は買わないかなあ。

なぜこのクオリティで二つに分けてしまったのかを問いたい。



最後に私の好きなキャラ。

ふるえ、ゆらゆらと (4)

最強陰陽師三人衆

いつの時代も陰陽師が絶対!!



スポンサーサイト

スポンサーリンク

                         
                                  

コメント

非公開コメント