スポンサーリンク

新宿スワン2 感想 (邦画) - アクション
FC2ブログ

新宿スワン2 感想 (邦画)



今日の映画は「新宿スワン2



新宿スワン2

2017年に公開された人気漫画映画の続編です。

監督は前作に引き続き園子温。

豪華面子がそのまま出演しており、主演はもちろん綾野剛

一作目のボス(?)は山田孝之でしたが、今作は紫の薔薇の人です。あ、浅野忠信です。

悪そうな奴はだいたい友達 YO! YO! そんな感じ。

そしていきなり出てくる広瀬アリス。YO! YO!


あらすじ

相変わらず新宿でスカウトマンとして走りまわる白鳥龍彦。

ある日そこで天真爛漫な女性・マユミと出会う。

彼女は働き口を探しており、龍彦は彼女の面倒を見る事になる。

龍彦が所属するスカウト会社「バースト」。

バーストは新宿だけではなく横浜に進出することを決める。

しかし横浜には「ウィザード」というスカウト会社が牛耳っており、社長は滝マサキという男。

その手腕から「タキ王国」と呼ばれている横浜に乗り込むのは、もちろん白鳥龍彦! と元気な仲間達。それと龍彦の先輩、関玄介。

実は滝マサキと関玄介は、以前仲間だった仲。

しかし現在は縁を切っている。

その決着をつけるため、関、そして龍彦は横浜に乗り込み、喧嘩を売っていくのだ!



時間は133分。

前回からのキャストが多いので、「1」や原作を知らないと「こいつ誰ですねん」状態になるかもしれません。

新宿スワン2

綾野剛さんは引き続き、おばかで喧嘩っぱやいけど人情味が熱く正直に生きる白鳥龍彦を演じております。

冒頭から、上地雄輔さん演じる森長千里と街中で喧嘩しております。

新宿ってこわい。


そんな新宿でスカウトマンをしている龍彦の元には、彼の魅力に惹かれ様々な人間が集います。

新宿スワン2 (2)

今回のヒロイン枠の小沢マユミもその一人。演じるのは広瀬アリス

この子よくわからない枠でもありますね。無邪気で素直でイイコなんでしょうけど、実は闇を抱えていたというよくある話。

どうしても頭が弱い子なのかなという印象を受けてしまいます。

龍彦の噂を耳にして龍彦に会いたかったと言ってますが、龍彦もマユミも無邪気すぎて。

前作の沢尻エリカが良かったぶん、ハードル上がりますよね。

最終的にヒール脱いで、ノリノリで無邪気に謎ダンスを披露するところは必見です。クライマックス感と相まって、なかなかにシュールです。

新宿スワン2 (3)

そんな若者組は置いといて、今回のボス位置は浅野忠信

横浜のスカウト会社のトップに君臨する滝マサキ。常に紫のスーツを纏う、紫の薔薇の人。

非常にヤバい雰囲気を感じさせる滝。危ない薬の扱いも始めました、みんなよろしく。

龍彦のバースト、滝のウィザード、この両者が対立するのは必至。

新宿スワン2 (4)

龍彦の頼りになる先輩・バーストの関玄介と滝には因縁があり、お互いの意地をかけた男の勝負があったりして。

それはそうと、滝の喧嘩強すぎ問題。

トップに君臨し、金も女も名声も手に入れた男は自ら動くこともなくなるので弱いと思いきや、龍彦と互角に殴り合える怪物。流石紫のスーツ着てるだけある。

殴り合いに縁のない私としては、喧嘩はやめて桃鉄で決めよう。桃鉄ある意味殴り合いより質悪いから遺恨残す恐れあるけど、桃鉄で決めよう。

新宿スワン2 (5)

男が戦っているのに、女が黙って見ていられるかいっ! てなもんで、お水の世界で働く女達も団結し、龍彦達の後押しをします。

山田優が新宿の女達を引き連れ、横浜の女達とrapバトルするのが見所です。

嘘です。rapは嘘です。

でも、ここの女性陣の登場シーンが一番ワクワクしたりして。



スポンサーサイト

スポンサーリンク

映画映画レビュー邦画新宿スワン新宿スワン2綾野剛広瀬アリス浅野忠信

Comments 0

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 徒然なるアラサー All Rights Reserved.