スポンサーリンク

スチームボーイ 感想 (アニメ) - アニメ
FC2ブログ

スチームボーイ 感想 (アニメ)



今日の映画は「スチームボーイ


スチームボーイ

2004年に公開された大友克洋監督のアニメ映画です。

ずーっと観ようと思ってたのですが、気付いたらもう14年前ですって!! ですって!!

14年前の作品ではありますが、デジタルと手描きの手法を使い、その映像美に古臭さは感じません。多分。

ジャンルはスチームパンク。空想科学冒険活劇。

「空想科学冒険活劇」と言えば、私にとって「ガリバーボーイ」なんですけどね。

アニメで年齢がわかる稀有な国・ニッポン。

あらすじ

19世紀のイギリス。

科学技術の発展が著しい時代が舞台。

発明家・技術者である祖父と父の影響を受けて育った少年・レイ。

祖父と父は仕事のため長く家を空けていた。

ある日、レイのもとに祖父のロイドから不思議なボールが届く。

そのボールは「スチームボール」と呼ばれ、異次元のエネルギーが詰まっている世紀の大発明品だったのだ。

もちろん、その「スチームボール」を狙って、おそろしい陰謀が動き出す。

レイは祖父ロイドから託されたスチームボールを渡すまい、とその陰謀に立ち向かう。

「スチームボール」を手中に収めようとする「オハラ財団」。

運悪く捕まってしまったレイは、そこで予想だにしなかった再会をすることになる。



時間は126分。

ちょっと長いかな。うん、長いな、って思ってしまうんですよ。観てると。

題材は大好物だし、発明好きの少年が冒険するとか嫌いな人いるの!? って感じですが、後半長いなって、うん。

スチームボーイ

こちらが主人公のレイくんです。

親戚の子にいそうあるある。

レイくんの家庭は、おじいちゃん、おとうさん、そしてレイくんと発明一家なのです。

おじいちゃんとお父さんは名だたる発明家。なのでレイくんも頑張るんだ。

スチームボーイ (2)

こちらがおじいちゃんのロイドになります。

何故上半身裸なのかは観てください。

骨骨しているけど目はギラギラ。

スチームボーイ (3)

こちらがお父さんのエドワードになります。


何故サイボーグ化していて髪の毛が大変な事になっているかは観てください。

このおじいちゃんとお父さんがバチバチにやりあって、レイくんが「えー」ってなるんですけど。

そう、この映画は一言で言うと……三代にわたる壮大な親子喧嘩だ!

と、私は思っていますけども。

スチームボーイ (4)

ちなみにこの映画のヒロインちゃんがこちらのスカーレットちゃんです。

このヒロインちゃんなのですが、なんとわがままお嬢様なのです!

レイきゅんの事を心配してる幼馴染――とかでなく、自分が世界の中心だと信じて疑わないわがままお嬢様なのです!

ただ世間知らずであるがゆえに、逆に素直でありレイくんに興味を持ち、「あらあら何だかいい雰囲気じゃないの。おばさんの方がにやけちゃうわ」状態。

スチームボーイ (5)

親子喧嘩は私の心には特に響かなかったのは残念ではありますが、無茶しがちな少年とわがままお嬢様の(´∀`*)ウフフは素敵だし、結構前の作品だとしても映像は綺麗だし、そういうこと。



スポンサーサイト

スポンサーリンク

映画映画レビューアニメ大友克洋スチームボーイ

Comments 0

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 徒然なるアラサー All Rights Reserved.